人気ブログランキング |

カテゴリ:いいね箱根( 4 )

箱根1泊2日

楽しかった思い出として記録。

このところ東急ハーヴェストの利用券をいただいているので
毎年箱根通いが出来るのがうれしい。
今回は友人のS夫妻とご一緒の一泊旅行。

誰の行いが良かったのかいいお天気!
まずはお昼を食べるために小田原、風祭駅そばのうなぎやさんで途中下車。
このお店はうなぎの取り置きはしてくれるが席は順番で予約が不可。
いつも混んでいるがこの日も平日にもかかわらず、一時間半待ちだった!

待ちます・・・(;゚Д゚)
順番が近づくと電話をくれるのでお店から離れていても大丈夫。
ようやくありついた大好きうなちゃん。

d0284727_21422196.jpg


d0284727_20224356.jpg


美味しかったけど、このところの体調のせいかちょっと重かったか。
次回はぜひ胃腸の具合をを整えて。

お宿は東急ハーヴェストVIALA箱根翡翠、和洋室スイート(138㎡)。
このタイプの部屋は全館で一室しかないので
なかなか予約を取るのが難しいのだが、何とかゲットできた。
ま、空きに合わせての旅程だったが。

ツインのベッドルームに和室、トイレは2カ所、
リビングルームに大きなダイニングテーブル、ちょっとしたキッチン、
専用露天風呂もついていてとてもゴージャスだが
何人かで使うとかなり割安になるのでお得。
(ちょっとしたマンションより広い)

お部屋
d0284727_21521971.jpg


d0284727_20194177.jpg

館内

d0284727_21533276.jpg


もちろん大きな浴場♨もあるのでのんびりまったりできるし、
お庭には足湯もある。


d0284727_21535782.jpg


夕食

夜の食事は、レストランはいくつかあるのだけど
今回はお部屋で持ち込みディナーという節約プランを決行。

一昨年同じ部屋で兄・弟夫婦と同行した時は和食レストランで会席をいただいて
もちろんとても美味しかったけど
お部屋でわいわい飲んだり食べたりも気楽で楽しいパーティーになった♫

d0284727_20343300.jpg


出発前に皆でデパ地下で買ったなだ万のお弁当、デリカのお惣菜、
それぞれが持ってきたワイン、その他もろもろ。
そしてS氏は知らない間に私の誕生祝いのケーキを買っておいてくれた。


d0284727_15361212.jpg


d0284727_15382792.jpg


プレゼントまで用意してくれて・・ううっ、感激 ( ;∀;)
誕生祝の代わりに母に留守番をお願いした甲斐あって
とても楽しい一晩を過ごすことが出来た。
Sご夫妻も、ほんとにありがとうございました(^^♪!

















by okira935 | 2019-03-16 19:19 | いいね箱根 | Comments(0)

箱根・美術館編 2

星の王子さまミュージアム

思いがけずとても良かったこのミュージアム。
朝の散策で近道を見つけたので夫を誘って行ってきた。
もちろん本は読んでいるし、大好きな王子さまワールドです。
朝早かったので人があまりいないのが一番ラッキーだったかも。
d0284727_1044131.jpg

d0284727_1052175.jpg

作者のサン・テグジュペリは1900年、リヨン生まれ。
それにちなんで園内はフランスの街並みを模して作られており、
色合いがとても可愛くていい雰囲気。
何だか外国旅行しているみたい♪
それだけで何だかルンルン気分になってしまった。
d0284727_2341916.jpg

d0284727_23415248.jpg

d0284727_10311814.jpg

↑正面の建物は彼が幼少時代を過ごした城とフランス庭園の作り。
サン=モーリス・ド・レマンス城とパルク・デュ・プチ・フランス

結構ノリノリの男爵です。
d0284727_10585787.jpg
d0284727_21524259.jpg

建物がとてもカラフルで素敵~。
ル・サンジェルマン・デ・プレなんていうカフェまである。
d0284727_23475134.jpg

d0284727_23433825.jpg

d0284727_2344795.jpg

「星の王子さま」より抜粋。
おとなは、だれも、はじめは子どもだった。
しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。

d0284727_23445063.jpg

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、目に見えないんだよ。

d0284727_2345484.jpg

ショップやレストランも良さそうです。
d0284727_23545929.jpg

展示ホールは写真撮影不可だけど
サン・テグジュペリの生涯や飛行記録などの写真や小物が盛り沢山で
彼は作家であると同時にパイロットでもあったので世界各地を飛んで見聞しています。
ある意味、ここは大人のためのミュージアムかも!
d0284727_2349361.jpg

d0284727_10193857.jpg

サン・テグジュペリが幼年時代に祈りを捧げたという教会は
今も前述のお城の中に残っていてその建物が再現されている。(↑写真左上)
ステンドグラスの中に物語のキャラクターが隠れているそうだが
今回は見逃した。残念。

と書いたらドラポケ子さんが早速写真を探し出して送ってくれました。
↓ これ。
d0284727_14051683.jpg
王子さまは、夜空に輝く星が光ったら、自分が笑っている、と思って欲しい、
と話し「ヘビ」に噛ませて自分の星へと旅立って行った。


以上で今回の箱根旅はおしまい。  ☆☆☆




by okira935 | 2013-11-16 11:02 | いいね箱根 | Comments(2)

箱根・美術館編 1

箱根には美術館がたくさん。
今までにポーラ美術館、ラリック美術館には行っています。
今回は選べる美術館入場券付き宿泊プランというホテルステイだったので、
チェックインしてチケットをもらい、まずはここへ行ってみた。

ガラスの森美術館
Hakone Venetian Glass Museum
d0284727_2116489.jpg
d0284727_2118976.jpg
d0284727_211979.jpg

イタリア語で「モミの木」を意味するアベーテと名付けられた
巨大なクリスタルガラスのクリスマスツリーが飾られています。
夕暮れ時だったが園内大賑わい。
レストランでカンツォーネを歌っている声が聞こえていた。
一日何回かミュージアムやレストランでミニコンサートがあるようです♪

雰囲気はヴェネチア(もどき)ね、ここは。
d0284727_21401657.jpg

展示館の中に入ってみます。
おお、ヴェネチアだ!
下:ドージェ・ニッコロ・マルチェッロのモザイク画 1800年頃 ヴェネチア
d0284727_10124449.jpg

すっかりイタリア気分満喫の某男爵。
左下:モザイク・グラス皿 ラヴェンナ 1981年 ヴェネチア
d0284727_12171619.jpg

開催中の展示は、時空を超えた東西の技ーモザイク美の世界
モザイクグラスも箱根の寄木細工も美しい!
写真は明治時代の箱根寄木細工飾り棚など
d0284727_22191897.jpg
d0284727_2219371.jpg

参考まで
d0284727_10133051.jpg

ツリーは昼と夕方からでは光り方が違っていて昼はこんな感じのようです。
約7万5千粒のクリスタルガラスが使われているとか。
ちなみにクリスマスの催しが終わると春はヴェネチア仮面祭、
仮面、マントを無料貸し出ししてくれると書いてある。 
行ってみたいかも!?
d0284727_13102569.jpg

by okira935 | 2013-11-15 10:38 | いいね箱根 | Comments(0)

箱根・ランチ編

通算したら結構箱根には行っていると思うのだが
このようにレポートとして残したことがないので何回目かは不明。
でも若い時と違ってある程度トシを取ると思い出や時をいとおしむというか、
先の事がわからないので今が大事。
必要以上に写真を撮ってます。  ただでさえ記録魔でもあるし、、
時間が前後するけど、まずは初日のお昼。

箱根茶寮 椿山荘
d0284727_21274087.jpg

d0284727_21504192.jpg

どこかでお昼ごはんを食べたいけどず~っと渋滞続き。
ここは一応調べてはあったけど、すぐにお席を用意してもらえる事ができたし
雰囲気はバッチリ、お腹がすいていたこともあって、
お蕎麦がとても美味しかったのでかなりの高得点だった。
d0284727_21351751.jpg

主食は蕎麦だけです。
ご飯ものはありません、念のため。
d0284727_22471287.jpg

d0284727_21581872.jpg

蕎麦は合格!
信州人が言うんだから間違いなし。
デザートに豆大福、
夫は蕎麦懐石みたいなものを頼んだので別な甘み。(わらび餅)
ちなみにそちらは蕎麦の薬味を本わさびで自分でおろすというものだった。
d0284727_22474078.jpg

以前この店は箱根小涌園貴賓館と言っていた。
ここも昔は時の男爵、藤田平太郎氏の別邸。
伝三郎、平太郎親子は美術品のコレクターでもあったので
当時入手した絵画が飾られている展示室もあります。
d0284727_22111050.jpg

お庭(半分は山)もあって申し分なし。
d0284727_22223346.jpg

昼も夜も 満腹!
by okira935 | 2013-11-12 22:32 | いいね箱根 | Comments(4)