スープカレー

12月某日。
10月に札幌で食べそこなったスープカレーの
リベンジを横浜で果たす。
江戸の敵を長崎で討つ! とは大げさだが
ずっと心残りだったので。

伊勢佐木町 ラマイ

d0284727_19353143.jpg

たまたま横浜に所用があり
調べておいたお店に夫と一緒に行ってみた。
本店は札幌。(札幌にも何店かある)
ルーツはバリ島。(?)
11:30開店時にはすでに何人かのお客さんが待っていました。
うわさ通りに期待していいのか?!・・はい。

美味しかった! (^^)!(^^♪

d0284727_11142075.jpg

私はチキンカレー、夫はビーフ。(それぞれ1100円)
写真にはないけどスープの中には存在感あるチキンの固まり、柔らかい。
お店のおねえさんお勧めのラマッシー(200円)これも👍美味。
ヨーグルトのようなヤクルトのような
ココナッツ風味の乳酸飲料がカレーに良く合います。

d0284727_11143679.jpg

トッピング、辛さはいろいろ選べて
初心者の我々は中程度の大人の辛さにしたけど
オタクの方は生唐辛子もどうぞ。

ところで皆さん、
バリ島のキンタマーニという怪しげな名前の名所をご存じか?
(私は行ったことないけど)

d0284727_19573244.jpg

それが何とラマイに出現するのです。
カレーに付くライスがこれ。
キンタマーニ(+200円)

d0284727_20071240.jpg

戦いを挑む夫。

d0284727_20075728.jpg


実はメニューを良く見ずにネーミングで決めたので
これほどまでのライスの山とは思わなかった。
さすがに二人では食べきれず。

普通に注文すればライスはS・M・Lから。
ほんとにわれわれはアホか。

カレースープはスパイシーでまろやか。
とても美味しかったのでタマー二また行きたい。
トッピングは特に追加しなくても十分、
野菜もボリュームもたっぷりで満足かと。

おまけ

d0284727_20331316.jpg

夜までほんとにお腹苦しかった・・














[PR]
by okira935 | 2016-12-27 20:40 | 横浜あれこれ | Comments(2)

ラーメン博物館

全国のラーメンを現地に行かずとも食べられる。
そんなコンセプトで作られたフードテーマパーク、通称「ラー博」。
初めて行ってきた。

d0284727_19410242.jpg

行った理由は招待券があったからだけど
後から見たら入場料大人310円、シニアはなんと100円だった。
タダより高いものはなし。
帰り、隣接駐車場代金を750円お支払い。

しかし、なかなか面白かったのでヨシとします。
笑っちゃうくらい昭和レトロな空間。


d0284727_19483290.jpg



d0284727_19484460.jpg



d0284727_19491890.jpg


さて、ラーメンを食べよう。
この日の夫と私の作戦はミニラーメンで3店撃破。
まず最初に入ったのは山形赤湯ラーメン。

d0284727_19532678.jpg


知らなかったけど
山形県は人口10万人あたりのラーメン店件数がなんとダントツの全国一位だそうな。
山形の人ってそんなにラーメンが好きだったのか。
米沢、赤湯、山形、酒田、どこもラーメン天国らしい。
んだ、んだ!

d0284727_19533813.jpg

ミニなので赤い「からみそ」は小さめだったが
好みで辛さを調節して下さいとのことです。
メンは太いちぢれ麺、手揉みのもちもち感が美味しい。
私はしょう油にしてみたけどほんのりした魚介の香りが嫌味でなくグッド。
個人的には夫の食べたいろいろなブレンド味のスープ+から味噌はすごく好みだったので
次回はぜひこちらを普通盛りでがっつりいただきたい!
(ミニラーメンは570円、普通盛りたぶん1080円)

次はオーソドックスに昔味ラーメン。

d0284727_20381410.jpg


d0284727_20183637.jpg

ミニラーメン570円に+味たま150円をトッピング。
あっさりしょう油味、麺は太過ぎず細過ぎず、
ラーメンの鬼と言われた佐野実氏のラーメンだけど
鬼よりやさしい味だった。
むか~し子供の時に食べたシナそばより上品な感じ、
出前のラーメンって子供にとっては極上の食べ物だったなぁ。

すでにお腹はふくれているが
〆は博多豚骨ラーメン。

d0284727_20520874.jpg


d0284727_20521795.jpg

豚骨でもあっさり味。
麺は細くてまっすぐ、太い素麺という感じ。
夫はなんと普通盛りという暴挙に出たが
私はミニに高菜、紅生姜などもお好みで乗せてみた。
豚骨のギトギト感がなく食べやすい。
好みで生ニンニクも出してくれます。

良く食べた~。
各店の前に券売機があるのであらかじめそれを買って
お店のおねえさんに渡します。
この日は行列もなくどのお店もわりとスムーズだった。
全体的にミニラーメンは570円。
普通盛りは1000円前後からもうちょっと、トッピングはそれぞれ追加あり。
種類はかなり豊富。



d0284727_21101471.jpg

狭い空間ながら
なかなかここは良く出来ている。
有名ラーメン店は他にもたくさんあります。
(写真にはないけど札幌すみれも)

d0284727_21104741.jpg

d0284727_21103907.jpg

スタッフ警官のお兄さん、
ご協力ありがとうございました。
↑路地のケンケンパーがなつかしい。

d0284727_22335176.jpg



d0284727_21204049.jpg


d0284727_21475990.jpg

話の種に一度くらい行っても良いかもです。
くれぐれも食べ過ぎにはご用心♪


d0284727_21572100.jpg







[PR]
by okira935 | 2016-09-13 21:54 | 横浜あれこれ | Comments(4)

氷川丸レポート2

ぶぉ~~~っ!!

わ、びっくりした。
何事かと思ったら12時の汽笛が鳴ったのだった。
いきなりの凄い音でちょっとびびる。
この日は連休のいろいろなイベントがあるらしく
ブルーインパルスも飛んでいます。(写真わかるかな?)


d0284727_21261017.jpg

氷川丸の中はかなり面白く
甲板(屋外デッキ)もあちこち歩くことが出来た。
せっかくなので私はてっぺん、というか突先まで行ってみます。
だって、したいじゃないですか、ほれ♪
タイタニック

d0284727_21245615.jpg
イメージ ♬

d0284727_21260218.png


ところが振り返ってみれば
一緒だと思った夫は遙か下方、デッキで考え事(喫煙)中。
ったくこれだよ。
ま、いつもの事というか大した問題ではないのでいいです。
それはいいけど、画像検索して出てきたこれ、これ、これ!
一体なんなの!?!?!

d0284727_21255570.jpg

お口直し。
船内はあちこちのインテリアが美しい。

d0284727_21254242.jpg

見学は船上だけかと思えば(船長室の写真が残念ながらブレブレでボツ)
何と船の心臓、エンジンルームまで見せてもらえる。
これはとても貴重な体験です!


d0284727_22072088.jpg



d0284727_22051109.jpg



d0284727_22043472.jpg



d0284727_22044322.jpg

船底は地下三階まであって
さすがにこれだけの船を動かすって大変なことなんだと一目瞭然。
それにしても、ここの壁が壊れて水が噴き出したら一体どうなる?
タイタニックごっこどころではないよ!

上のパーティ会場ではセレブな紳士淑女がダンス、
下の船室ではデッキに出られない船客たちが世間話に興じる、
もっと下では巨大なエンジンがひたすら船を漕ぐ。(想像)
なかなか面白い見学でした。

船ってすごい!
(意味わからんけど)



追:ランチは中華街で。

d0284727_22035934.jpg



d0284727_22033161.jpg


d0284727_22032167.jpg

大人×4+1のランチ。
(この日は次男夫婦と4歳ボクちん誕生祝いだったので)
このお店は何度か行っているけど
なんとなく味が落ちたかな?と感じたのは
あまりにお店が混んでいたためか。

とにかくすごい人出、ハマはやっぱり人気なんだね♪
ボクちんめでたし、7月連休無事終了の巻。

d0284727_22471815.jpg











[PR]
by okira935 | 2016-07-25 23:02 | 横浜あれこれ | Comments(4)

氷川丸レポート 1

横浜に行けば山下公園にいつもいる氷川丸。
東京なら芝公園にそびえたつ東京タワーと同じで
そこにあるのが当たり前なので
意外に中に入ったことがない地元民も多いかも。

そんな氷川丸の内部を見学して来ました!
えらそうに言うわけではないが、
たぶん中学生の時以来、約半世紀ぶり?
たまたま博物館との共通チケットをもらったからなんだけど・・
d0284727_22561672.jpg
それが思いのほか面白くて。

d0284727_22575827.jpg

この船は山下公園にずっと保存係留されているのだが
最近では2006年にいったん閉館したのち
2008年に日本郵船氷川丸として再びリニューアルオープンしたそうな。
そうか、ずいぶんきれいだと思ったはずだ。

とは言え、建造されたのは1930年、今から86年前。
北米・シアトル航路用に当時の最新鋭の船として造られ
戦時中は海軍特設病院船にもなったりしたが
1953年にシアトル航路に復帰、1960年まで就航。
まさに歴史を見て来た船だったんだ、
おつかれさま!

d0284727_23155157.jpg


d0284727_23163421.jpg

順路にしたがって見学します。
写真↑は一等食堂。
外国航路の楽しみのひとつは食事。
優秀なコックさんがたくさんいて美味しいと評判だったようだ。
基本的には洋食だけどかなり豪華。
航海の間にすき焼きパーティーもあったもよう。

読書室、一等社交室
(一等喫煙室なるものもある)

d0284727_00394353.jpg

実物資料やエピソードなどの展示室

d0284727_00393214.jpg

操舵室・デッキ

d0284727_00395564.jpg

さて客室はどうなっているんだろう、これはかなり興味がある。
まずは一等客室。
なかなかコンパクトにまとめられている。
写真上はツインタイプ。
下はシングルタイプ。
バス・トイレはなくどうやら共同のようです。

d0284727_00404035.jpg


d0284727_00405639.jpg


こちらは特等客室 (居間とバスルーム付き)
ま、狭いといえば狭いが、かなり豪華なスィートルーム。

d0284727_00415771.jpg


d0284727_00414292.jpg


d0284727_10341221.jpg

面白いのはこれ。
ナプキンやタオルでは良く見るけど・・

d0284727_00411495.jpg

はは~ん、なるほど。
これ、見たことある、友人の旅情報で。
クルーズ船って、昔からこんなおしゃれなことやってたんだ!
他にもツーリストクラスの客室や
大きな食堂もあるのだがそちらは見学できず。

三等客室
こちらは下層階にあって展望デッキなどに自由に出入り出来ない。
つまり三等のお客さんは甲板でのお散歩ままならずというわけ。
部屋は二段ベッド×4の8人部屋。
昔、こういう寝台列車に乗った事あるなぁ。

d0284727_10403830.jpg

こちらは食事も質素で干物や魚が多かった様だ。
でも相部屋なりに仲良くなったり、
一等の食事に飽きたお客さんがお肉とアジの干物を交換して、とか?

さて気になるのはお値段だが
他の方の書き込みからちょっと引用させてもらうと・・
昭和5年(1930年)当時
・一等 500円(250ドル)
・ツーリストクラス 250円(125ドル)
・三等 110~140円(55~70ドル)
ちなみに昭和5年の1円は現在で言うと5000円くらいで、
例をあげると
先生の初任給(全国平均)男子48円79銭・女子41円60銭
民間初任給(事務)大卒69円45銭
食パン一斤14銭、
ビール一本35銭(エビスは38銭、当時からエビスは高いのか!?)
とにかく1000円で家が建ったと言う時代です。

ざっと見積もって一等客室250万、
三等でも5~60万。
昭和5年の氷川丸のシアトルへの処女航海は5月17日出発、27日着。
片道ほぼ10日間の太平洋航路の船旅だが
この船はサービスの良さに定評があったそうで
1932年にはチャールズ・チャップリンも乗船。
なんでもチャップリンは天ぷらが大好きで、
厨房では毎日彼のために天ぷらを作って出したんだとか。
クルーズ、ちょっと興味湧いてきました・・























[PR]
by okira935 | 2016-07-19 12:09 | 横浜あれこれ | Comments(4)

中華街にて

10月22日(木)
 
夫の退職記念にいただいたお食事券を使って
横浜中華街でディナー。
中華街は我が家からは都心に行くより近いし美味しいし
大好きなスポットです。
今回行ったのはここ。

d0284727_20173542.jpg


d0284727_20171137.jpg

懐石風中華(?)らしい。
美味しかったけど、こてこて中華も大好きなので
へぇ~、こういうのもアリなんだね、という感想。
お店の内装が凝っていて楽しめた。

せっかく出かけたからには食後のお散歩も。

d0284727_20172681.jpg


d0284727_20174211.jpg


d0284727_20171933.jpg

久しぶりの横浜中華街、
楽しかったです。





[PR]
by okira935 | 2015-11-15 23:19 | 横浜あれこれ | Comments(0)

中華街でディナー

夫の第一次退職記念(?)にいただいたお食事券で
久しぶりに横浜中華街に行って来た。
カタログには和・洋・中、いろいろなお店があったのだが
あれこれ悩んだ結果、中華に決定!
いずれにしてもゴチ、ありがたや。


d0284727_20072549.jpg



d0284727_20081417.jpg

指定されたお店はここ。
中華街では初めて入るお店なのでワクワク。

d0284727_20080587.jpg

気恥ずかしくなるくらいの
おもしろ楽しい水上席に案内してもらった。
お料理はこちら。

d0284727_20075456.jpg


いかほどのバウチャーなのかは知らんが
ゴージャスメニューでお腹いっぱい。
中華懐石+壷料理(壷の中に柔らかい角煮?)
なかなか面白い趣向の中華を楽しませてもらいました。
お店の人の対応はとても親切。
あえて例えれば温泉旅館の夕食版・中華といった感じ?
付き出し、鍋、揚げ物、メイン、ごはん、デザート完備。
せっかくのお出かけだから中華街散策もね。


d0284727_20554817.jpg

関帝廟


d0284727_20552350.jpg


我が家からは意外に近い中華街、
おなかもいっぱい、気分は高揚、情緒もたっぷり、
楽しめました、ラッキー♬








[PR]
by okira935 | 2015-09-13 19:19 | 横浜あれこれ | Comments(0)

横浜・山手散策

訪れた神奈川近代文学館は西洋館の多い山手地区。
そこだけで帰るのはいかにも勿体ないので
せっかくだから少し散策してきた。

d0284727_14042689.jpg


休日ということもあり、こんな地図を片手にそぞろ歩く人がいっぱい。
雨もあがり晴れ間が見えてきたせいか、あちこちから人が・・・

港の見える丘公園

d0284727_14004570.jpg


横浜市イギリス館


1937年に英国総領事公邸として建築されたもの。
現在は横浜市が買い取り1990年に横浜市指定文化財となり
2002年から一般公開。

d0284727_14011596.jpg

すばらしい寝室、奥にサンルームもある。

d0284727_14024431.jpg


d0284727_14003722.jpg


山手111番館

1926年にアメリカ人J・Eラフィン氏の住宅として建てられた
スパニッシュスタイルの建物。


d0284727_14021333.jpg


d0284727_14015398.jpg


d0284727_14014475.jpg


こんなすてきなキッチンでどんなお料理をするのかなぁ。
サンマの塩焼きじゃやっぱり似合わないよね。


d0284727_14585062.jpg


山手234番館


1927年、朝香吉蔵の設計による外国人向けの共同住宅

d0284727_14031504.jpg


西洋館をカフェやレストランにしているところが多く
やっぱりここはデートスポットですね。
(おっちゃん、おばはんも結構うろうろしてたけど)

d0284727_14013256.jpg


エリスマン邸

1926年に絹糸貿易商エリスマン氏の私邸として建築され
当時山手127番地にあったものを1990年に現在の元町公園に移築。
現代建築の父と呼ばれたA・レーモンドの設計

d0284727_14010745.jpg



d0284727_14005595.jpg


おまけ

ハマには赤が良く似合う

下のランボルギーニ、
おおっ!と思ったけどあまりにぶいぶい言わせすぎ。

d0284727_14012242.jpg






[PR]
by okira935 | 2014-11-11 14:52 | 横浜あれこれ | Comments(2)

ナポリタン発祥の地

以前から一度食べてみようと思っていた、こちら。
全国にスパゲティ・ナポリタン数あれど
何とナポリタンの歴史がここから始まったというのだから
行ってみようじゃないか。

横浜 ホテルニューグランド

d0284727_14315637.jpg


d0284727_14513834.jpg


山下公園のすぐそば、老舗ホテル。
本館には、かのマッカーサーが泊まったという部屋もあり
そもそも戦後ニューグランドを接収した進駐軍が持ち込んだ
トマトケチャップから現在のナポリタンが生まれたというわけ。


ザ・カフェ
d0284727_14515835.jpg


d0284727_14320483.jpg


アメリカ兵の軍用食だったケチャップとスパゲティを
当時の入江総料理長が創意工夫、具材を増やした風味豊かなトマトソースを作り
ナポリのトマトスパゲティをヒントに
スパゲティ・ナポリタンと呼んだのが事のはじまりとか。
パルメザンチーズをたっぷりかけて召し上がれ。

なかなかいいお値段ではあったが(1836円)
ボリュームはたっぷり。
オムライス(ケチャップかデミグラスソースを選ぶ)も
かなり大きくてほんとにお腹いっぱい。
(ちなみにナポリタンは夫、オムライスは私)

横浜は美味しいものだらけの街だけど
今回はクラシックホテルと食の歴史を堪能、、の巻。
言うまでもないがスパゲティ、パスタのトマト味大好きです。





[PR]
by okira935 | 2014-11-10 15:26 | 横浜あれこれ | Comments(4)

ハマでランチ

やっとお天気が良くなった週末、
久しぶりに夫と横浜へ。
もっとも我が家の一筋向こうはもう横浜市なので
東京と横浜を毎日行ったり来たりしているわけだけど。

d0284727_13493395.jpg


d0284727_13485397.jpg


d0284727_17230719.jpg
 
出向いた理由は一つ。
持っているナビオス会員ポイントの有効期限が迫っていたため。
今回はそのポイントでランチをいただくのが目的。

イル・ド・テラス

d0284727_17474172.jpg


d0284727_13483701.jpg



d0284727_13484407.jpg


上:チョイスランチ 2300円(パンまたはご飯、コーヒーも付いてる)
下:ブイヤベースランチ 1800円

お味はまずまず(普通?)
⚓マークのお皿がおしゃれ。
このホテルはもともと船舶関係、横浜国際船員センターでもあるので
船の模型や写真があちこちに置いてあります。
外には大型原油輸送船に備え付けられていたのと同じ
錨のモニュメントもあるよ。

d0284727_13482803.jpg


わんこたちが記念撮影していたので一緒に撮らせてもらった。
せっかく出かけたのに他にはどこにも寄らず帰宅。

ヨコハマ~♪黄昏~♪
街の灯りがとてもきれいねヨコハマ♪ 
と言えるくらいまでほんとは遊んでいたかった。
観覧車に乗ろうよと言ったのに即却下。
カモメの気分になりたかったのに。

若干モメた。







[PR]
by okira935 | 2014-03-09 23:30 | 横浜あれこれ | Comments(6)

横浜散歩 2

美術館を見終わった後はランチ。
この日久しぶりに会った現地在住友にリクエストしたのは
あえて昔ながらの横浜っぽいところ。
友人の案内で行った先はここだった。
桜木町駅からみなとみらい側でない反対側。

野毛
d0284727_18253173.jpg

この町は大道芸で有名だそうです。
おしゃれというより、存分に妖しい?  
d0284727_18273058.jpg

ミラクル、赤い靴、福音喫茶??
d0284727_1828115.jpg

d0284727_19515023.jpg

ちょっといい感じのお店やジャズカフェなんかもあったけど
つまりここらへんは飲み屋街というわけで、
おやじ同士だったら昼から焼き鳥でれろれろに飲んじゃいそう、、、

友お薦めの昔からあるというレストランに着いた。
d0284727_18323398.jpg

が!
なんとお休み。。。  友よ、リサーチ力をもっと磨くように!
仕方がないのでいきなりローマにワープする。
d0284727_1856304.jpg

なわけはなく、
歩き回って喉もカラカラなのですぐ隣のイタリアンに方針を変更。

ラ・カーサディ・マルコ
d0284727_18584651.jpg

北イタリアのビールとかを頼んじゃったのでナンだったけど
ランチ自体はお値段、お味まずまずです。
帰りにキムラリベンジ?というわけではないが
地元のキムラヤベーカリーでお土産にパンを買った。
コロッケパンは懐かしい味で美味しかったです。
お店のおじちゃんも職人さん風でしかも快く写真を撮らせてくれた。
d0284727_2051576.jpg

知らない街を歩くって、
ほんとに楽しいね♪
[PR]
by okira935 | 2013-09-12 20:07 | 横浜あれこれ | Comments(2)