カテゴリ:よかけん九州( 7 )

大宰府天満宮 3

参道には名物の梅が枝餅の売店やお茶屋さんがたくさん!

d0284727_10523775.jpg

焼きたてをまず一つ買って食べてみた。
餅米の生地に粒あん、素朴でやさしい甘さ。
お店ではお茶も出してくれました。

梅が枝餅

d0284727_10530734.jpg

お店ウォッチングあれこれ

d0284727_11002507.jpg


d0284727_11001332.jpg


d0284727_10592711.jpg


さて、そろそろ帰らなければ。
空港までどうやって行こうかとあれこれルートを思案していたのだが
タクシーの運転手さんから耳寄りな情報。
なんとこの4月から 
大宰府←→空港・博多をつなぐバスが運行されはじめたとのこと。

本数は1時間に一本だけど
大宰府駅前から空港(国際線ターミナル)まで30分ちょっと、
空港までだと料金500円、これは便利!

d0284727_10534444.jpg


帰りは疲れて寝ている間に
あっという間に羽田に着いちゃいました。
九州って近いじゃないか。
でも、天満宮で会った団体さんは殆どが韓国や中国の方々。
九州って大陸にも近いんだなと実感。

お土産に買った梅が枝餅は出来立てアツアツだったのに
バッグのなかで見事にぺしゃんこになってしまった。
除災招福、病魔を防ぐという効き目が半減したかもしれないけど
三つも食べたからま、いいか。
後はバッチリ。
満腹、満喫、満足の旅おしまい。

d0284727_11382079.jpg

 






[PR]
by okira935 | 2014-05-06 11:43 | よかけん九州 | Comments(0)

大宰府天満宮 1

二日目、
福岡で仕事がある夫と別れて大宰府天満宮に行ってみた。
初めて訪れる場所でもあったし、ひとりで気ままに歩き回ったので
例によって写真を撮りすぎた。

駅前と鳥居
d0284727_18375638.jpg

まずは様々なお店の並んだ参道から大きな鳥居を抜けて境内に入ります。
中はかなり広い。
ぐるっと見た後、天開稲荷神社まで登って行ったので
や~、歩いた、歩いた。

d0284727_13525275.jpg

太鼓橋と心字池
本殿に向かう前にこの橋を渡ると心身が清められるそうな。

d0284727_14282780.jpg

 
d0284727_14162293.jpg

麒麟像・鷽像と手水舎
藤棚のあるのは菖蒲池。
かなり広い池に菖蒲がたくさん植えられているので
これが咲いたらさぞ見事でしょうね~。

d0284727_18372060.jpg
楼門

d0284727_19191206.jpg

左右にはこの方たちがしっかりお守りしてますよ。

d0284727_18374860.jpg

d0284727_19192289.jpg


ところで、
この大宰府天満宮の御祭神は言わずと知れた菅原道真。
平安時代前期のとても優れた学者、また政治家であり
学問の神様として広く崇められている。

道真公は丑年(845年)の生まれでもあり
その亡骸を運ぶ牛車が止まった場所を本殿建立の聖地としたことから
境内のあちこちに牛の置物が奉納されています。
牛車の牛がこの地に祠を!とばかりに伏して動かなくなったそうな。


神牛

d0284727_18370456.jpg

この神牛の頭をさすれば知恵がつくという言い伝えだったが、
しまった、後の祭り!


本殿

d0284727_19193493.jpg

飛梅

本殿に向かって左右に大きな梅の木。
右の「飛梅」は京を追われた道真を慕って
一夜のうちに大宰府まで飛んできたと伝承されるご神木。
千年の時を経てなお、境内のすべての梅に先駆けて花を咲かせるそうだ。


d0284727_18351869.jpg

そのもとになったのがこの歌

東風(こち)吹かば にほいおこせよ 梅の花 
   あるじなしとて 春なわすれそ

春になって東風が吹いたらその風に託して大宰府へ香りを送ってくれ、梅の花よ
主人のこの私がいなくなったからといって咲く春を忘れるな、、、


道真公は優秀な人物であったが有力氏族の出身でなかったために
その異例の出世をねたまれ、
時の左大臣藤原時平の讒言によって57歳で太宰権帥に左遷された。

2年後には病で亡くなってしまうのだが
大宰府に赴いたとき日頃愛していた梅の木に別れを告げた歌がこれ。

d0284727_16354391.jpg


境内には6000本の梅の花があるそうだ。
また梅の種の中には天神様がいるといわれていて
捨てずに種を納める場所もある。

これから先、梅酒を飲むときには
あだや一滴もおろそかにせず
心して道真公の御霊を慰めることとしよう。

ん?





[PR]
by okira935 | 2014-05-02 19:26 | よかけん九州 | Comments(0)

九州名物駅弁

今回の旅のルート
① 羽田→福岡空港→博多→武雄温泉
② 武雄温泉→JR二日市→大宰府→福岡空港→羽田

博多駅からは佐世保行きの特急に乗車、1時間ちょっとで武雄温泉駅。
ちょっと遅めではあるがお昼ごはんはどうしよう?
列車に乗るからにはそりゃ、 駅弁 でしょ!


d0284727_13581972.jpg


復刻版 かしわめし (720円)
この掛け紙のデザインは当時実際に使われていたものをそのまま復刻させたものだそうな。
シンプルだけどしっかりした味付け。


d0284727_16193968.jpg
そして、武雄温泉駅には
これまた名物駅弁が!

d0284727_16213950.jpg

駅構内にあるカフェ「カイロ堂」で出している佐賀牛のお弁当。
3年連続九州駅弁大会グランプリ受賞!


極上カルビ焼肉弁当 1620円 
 値段は高いが何たってA5ランクの佐賀牛を使用。(写真写りが悪くてごめんなさい)

d0284727_13110266.jpg

d0284727_13155218.jpg


第8・9回大会では佐賀牛すき焼き弁当がグランプリ。
そして買ってみたのは第10回大会グランプリの極上カルビ焼肉弁当。
宿の朝ごはんを食べ過ぎたので
さすがに帰りの車中ですぐには無理だったけど
夕方に空港で食べてみたところ
冷めてもほんとに美味しい!

余談だが駅で乗車券を買ったところ
二人だと九州内では割引切符が買えるからそちらにしたらどうかと
わざわざ売り場の方が教えてくれた。
なんて親切な。
佐賀の好感度さらにアップです。



JR九州で出している小冊子にも詳しく載っているので参考まで。  
旅のライブ情報誌 プリーズ4月号から

d0284727_13370650.jpg

 









[PR]
by okira935 | 2014-04-29 14:00 | よかけん九州 | Comments(0)

朝ごはんと貴賓室

旅館に泊まる最大の幸せは上げ膳据え膳なこと。
そして、日常と一番違うのは何といっても
朝ごはん

d0284727_15291757.jpg

地元で有名だという嬉野豆腐のミニ鍋、
飲んだ後の体にいいシジミのお味噌汁、
至れりつくせりでご飯のお代わりまでしてしまった。
朝から満腹、
食後のコーヒーをいただいて、
お腹ごなしに宿から自由に出入り出来る楽園を再び散策します。


出発まではちょっと時間があったので
サービスでこの宿の 貴賓室 を見せていただいた。


d0284727_15584877.jpg





d0284727_15591823.jpg


話題の列車「七つ星」にも地元のこの細工が使われているそうな。

d0284727_15591177.jpg


プールのような露天風呂

d0284727_15585604.jpg



和室が三室にベッドのある洋間、お化粧部屋、ぐるりが全部縁側、広いのなんの。
家族みんなを連れて来たい。
いや、一族郎党全部招待したい。

宝くじ当たったらね、、。

d0284727_17494516.jpg

おもてなし満喫いたしました!
 
 


more  ← 武雄温泉コネタ
[PR]
by okira935 | 2014-04-25 16:16 | よかけん九州 | Comments(4)

御船山楽園

まるで竹林亭の広報マンか営業ブログみたいになっているけど
ほんとに良かったのでとりあえず続けます。

園内には御船山観光ホテルもあります、
そちらも庭園が自由に散策できて、もう少しお手軽感も。


ところで御船山(みふねやま)楽園とは?
わずか23歳で鍋島藩の家老に抜擢された鍋島茂義公が
その才とスケールの大きな人間性を駆使して
隠居後に3年の歳月をかけて造園したお庭。
園内とにかく広い。
山裾に作られた回廊庭園、何度も言うけど15万坪。


d0284727_18233515.jpg


 そもそも御船山(標高210m)は
300万年前に有明海から隆起して出来た山だそうな。
開園170年、鍋島藩ゆかりのこの大庭園は
平成22年になってやっと佐賀県初の国登録記念物(名勝地)に
認定された。(遅い!)


d0284727_18142108.jpg



d0284727_15512497.jpg




樹齢200年という大つつじ。

d0284727_21044861.jpg
 

夜のライトアップ


d0284727_18134644.jpg

この時、山奥の闇に光る二つの目!
時々イノシシが出るそうな。
あとは狸とかウサギも?!
御船山、なんてワイルドなんだ。
(とにかく山なんだしね)


御船山楽園の写真はおきらくごくらくブログでも。
http://kawaii47.exblog.jp/





More
[PR]
by okira935 | 2014-04-24 21:15 | よかけん九州 | Comments(2)

竹林懐石

お部屋編に続いてお食事編。
ここはお部屋食なので気兼ねなくカメラを使えて
つい撮りすぎてしまった。

竹林懐石 全12品

d0284727_15444782.jpg

お料理はどれもとても美味しく
佐賀牛ヒレ肉(A5ランク)の和風ステーキ、甘鯛のカステラ焼き、
地元の食材を使ったあれこれ、意匠のある入れ物などなど、満足、満腹。
食いしん坊バンザイ。



d0284727_15421858.jpg

ついついお酒もすすんじゃいました。


d0284727_15515145.jpg
                  

これを至福といわずに何と。

緑もごちそう。
紅葉の秋もいいだろうなぁ~。


d0284727_21180872.jpg


d0284727_15420166.jpg

ここからは焼き物の里、有田・伊万里も近い。
機会があれば今度は足をのばしてそちらにも。
鍋島焼きもすご~くいいですよ♪

 

 


[PR]
by okira935 | 2014-04-23 22:40 | よかけん九州 | Comments(2)

九州一泊二日 武雄温泉

たった一泊二日なのに
たくさんすぎる写真を撮ってきたので
詳細旅レポートをしばらく続けます。

今回の行先は 佐賀・武雄温泉

   御宿竹林亭

d0284727_14075727.jpg


d0284727_14134012.jpg


この宿は15万坪の大庭園、御船山楽園の中にあるという贅沢さで
それもわずか部屋数11室、
それぞれのしつらえが異なり、とても趣のある数寄屋造りの純和風旅館。
露天風呂付のお部屋も何室かあり、お料理は懐石です。

客室 (山茶花)  

d0284727_14092511.jpg


d0284727_14102194.jpg
 


d0284727_15162015.jpg


とにかくお部屋から眺められる緑溢れるお庭にほんとに癒される。
この部屋には露天風呂はついてないけど
ヒノキの内風呂からも緑が楽しめます。

d0284727_14080468.jpg


もちろん大浴場と露天風呂もある。
さすがに中の写真は撮ってないけど湯加減はちょうど良くお湯もたっぷり。
お休み処には飲み物が置かれてます。


d0284727_14462967.jpg


ホテルもいいけど
温泉旅館はやっぱりいい!
今回は夫の仕事がらみだったので福岡近辺の温泉を入念にリサーチしたのだが
佐賀にこんなにいいところがあったなんて、
探して見るもんだ、正解。

てことでおきらくブログのタイトルが
サガしものはなんですか♪になったわけです。
まだ続く。
 

 




[PR]
by okira935 | 2014-04-23 15:01 | よかけん九州 | Comments(2)