バイブリー

アーリントン・ロウ

d0284727_14435399.jpg


d0284727_14481694.jpg

詩人のウィリアム・モリスが
「イングランドで一番美しい村」と賞賛したのがこのバイブリー
上写真、アーリントン・ロウの家並みは
いまやコッツウォルズ大人気の観光名所。
もともとは1380年に建てられた羊小屋(羊毛貯蔵所)だったが
17世紀に羊毛業が栄えたことがきっかけで作業場と住居に改装された。
現在もちゃんと人が住んでいます。
(私有の住宅だとか)

アーリントン・ロウの前にある湿地帯(中州)は
毛織物の布を乾かすためラックに掛けていたことから
ラックアイルと呼ばれているそうな。


d0284727_14425221.jpg

美しいコルン川

d0284727_14452830.jpg


コルン川にかかる橋のすぐそばに建っているのが
この村のランドマークとも言えるスワン・ホテル

d0284727_15150613.jpg


d0284727_15164538.jpg


われわれはここでランチをいただきます。
ガイドブックには必ず出ている場所なのでちょっと感動。
バイブリーの名物料理はマス。
コルン川にもマスが泳いでいたが養殖場がちゃんとあるようだ。
デザートは焼きメレンゲが乗ったアップルケーキ。
お水のボトルにもスワンマークがついていた♬

d0284727_15501771.jpg


d0284727_15504642.jpg

テーブルに案内があったエルダーフラワートニックを
注文してみたところ、とても美味しかった。
右写真が実際に咲いていたエルダーフラワーで
5~6月の花のようです。
ニワトコとも言って体のいろいろな不調に効くハーブだそうな。
お勧め(^^♪







[PR]
by okira935 | 2017-09-12 15:15 | イギリス縦断の旅9日間 | Comments(0)