クリスマスのお菓子

今年もあっという間に過ぎて
カレンダーは残すところあと一枚。
12月のカレンダー写真のスイスの雪景色の村の上に
クリスマスグッズを置いて遊んでみた。

d0284727_15251745.jpg

そしてうれしいクリスマス菓子のいただきもの。

ベラベッカ

d0284727_15243299.jpg

シュトーレン


d0284727_15242085.jpg


いずれもナッツやドライフルーツがたっぷり入っている焼き菓子で
クリスマスまでに少しずついただくのだそうな。
我が家ではあっという間に食べちゃったけど。

ベラベッカ(別名パンドポワール=洋梨のパンという意味)は
フランス、アルザス地方の冬の伝統菓子。
いろいろなスパイスが効いていて
上にチーズや甘すぎないジャムを乗せても合うし、もちろんワインともばっちり。
まさに生地はつなぎで殆どはドライフルーツとナッツという贅沢さです。

シュトーレンはドイツの伝統クリスマス菓子、
こちらもほんとはクリスマスの4週間前の日曜日から一切れずつ食べる。
クリスマスを心待ちしてどんどん濃厚になるそのお味を楽しみます。
双方丸っぽい細長の形をしていて
それはキリスト誕生時のおくるみを模したものだとか。
なるほど上にかかった粉砂糖がおくるみの白さを表して上品。
(我ながらうまい事言う)

d0284727_15240697.jpg


どちらも美味しくいただきました。
だいぶ早いけど  メリークリスマス♪






[PR]
Commented by ミッキー at 2016-12-22 13:05 x
まずは、カレンダーにクリスマスグッズを置いてみる発想に
アッパレ!だって、「ここは、氷点下何度なん?」の雪景色がグッズのおかげで、ガラッとイメチェン。心躍りますわん!
それにしても、こんな素敵なお菓子を私に下さる方、誰もいませんわ・・・。(そう思うなら、まずは、自分から差し上げましょう!」と一人でツッこむ)
Commented by okira935 at 2016-12-26 19:59 x
ミッキーさん、ありがとう。
いつも誉め過ぎです、恥ずかしい・・

このところやる気モードのスイッチがなかなか入らず
ずっと停滞してました。
年末になってやっとオンになって今あたふたしてます。
一年過ぎるのがほんとに早い。
何やってんだろ自分、と思いつつ戒めつつ
好きな事はやっぱりやりたい。
お互い元気にがんばろうね~!
by okira935 | 2016-12-05 15:15 | 旅のいろいろ | Comments(2)