6-③ サン・テミリオン旧市街

サン・テミリオンは東西に6キロ、南北に5キロという
ほんとに小さな村だが、サンチャゴへの巡礼の通り道でもあり
村の景観は世界遺産にも登録されています。

d0284727_15224056.jpg

街の中央部は小高い丘の上で
モノリス教会から見る景色がほんとに素晴らしい。
もっといい望遠レンズと写真の腕が欲しい・・。

d0284727_15231170.jpg

教会の塔に登って更に上から街を眺めるつもりだったが
入り口が閉まっているとのこと。
おそらく前にある観光案内所でお金を払えば開けてくれたのかもしれないが
時間もあまりないことだったし、やむなくプラン却下。
高いところが好きなのに~~。

d0284727_20174261.jpg

残念だがその分街をうろつきます。
先ずは教会の写真から。

d0284727_20215816.jpg



d0284727_20222394.jpg

街の中はこんな感じ。

d0284727_20414009.jpg

通りは石畳で坂道が多い。
たくさんある路地に入ると
またそこにいい感じのお店があるのでついつい行ってしまいます。
こんなもの撮るの?と思う人もいるかも知れないけど
しょうがないじゃん、撮りたくなっちゃうんだから。

d0284727_20145828.jpg



d0284727_20265831.jpg



d0284727_20145091.jpg


d0284727_20261546.jpg


サン・テミリオン堪能しました。
お菓子やさんのおねえさんの、はにかんだ笑顔も素敵だった。
もし次に行くことがあったら塔に登ってどこかのお店に入って
ワイン飲んで半日のんびりぐだぐだしていたい。

d0284727_20453165.jpg


d0284727_20494699.jpg


最終地、ボルドーへ向かいます。
ボルドー観光案内所で現地ガイドのT村さんをピックアップして
この日の観光場所へ向かう予定なのだが
なぜか同じところをぐるぐる回るばかり。
一方通行なのか、渋滞回避なのか、単に迷ってバスの駐車場所を探しているのか??

ジーザス!

ちなみにバスの運転手さんはスペイン人のヨスさん。
英語読みだとイエスさん、ジーザス!
ガイドさんはフランス語であれこれ指示を出しているのだが
果たして通じているのかどうか心配。

思わずY子女史が歌いだす。
この道は~いつか来た道~~♪♪

女史はいつでもどこでも歌いだす習性をお持ちのようで
私は密かに「歩くジュークボックス」と名付けた。
それにしてもジュークボックスっていつの時代よ???






[PR]
Commented by feb at 2016-06-26 09:09 x
「ジュークボックス」は80年代でしょう
イメージはマドンの若い頃のミュージックビデオででてきそうです。
男爵はセーターきてるから、寒いのかな?
グラン・クリュは1ケース、1樽の間違いでは?
Commented by okira935 at 2016-06-26 22:57 x
febさん、
よく知ってるね、びっくり。

男爵はお気に入りのミッソーニで相変わらずの味噌煮です。
寒くはないけど暑くもない、むしろ持って行った半袖の
出番がない、そんな感じでした。

何、箱?樽??
んなバカな!!

Commented by ミッキー at 2016-06-27 13:37 x
私の知らないバスク地方、ホント楽しませてもらっています。
それに伴いちょっと気になる事が・・・私たちのツアーと違って、ママさんのツアー、オンナ一人で参加なんぞしたら、あまりにも優雅すぎて、逆に寂しくなりそうだ・・・(場違い)。
ツアー内容も参加者の方たちも、全くオチがなさそうで・・・。

「路地」のお店って、なぜか「いいお店」(そう見えるのかも?)が、あるある。
店員さんもたいがいは親切だし、スイーツも、都会では味わえないような素朴な味だったりで、素通りするのはもったいない。「二度とけーへんやろし、せっかくだから、たんまり買っちまえ!今夜は一人でスイーツパーティだ!」がマイ格言。
もちろん、ホンマに一人でパーティーやってます(笑)。
Commented by okira935 at 2016-06-27 20:48 x
ミッキーさん、
今回は自分でもアタリ!だと思ったけど
基本的にいいことを中心に書いているのと
絶対モトはとって帰るぞと常に思っているので
120%フルパワー動き回り撮りまくり食べまくり、
我ながらうざいやつだと反省してます。
でもみなさんオトナだったので非常に寛容的でした。
一人で行っても絶対大丈夫よ。
方向音痴でさえなければ私も一人参加全然平気です。
バスク地方とフランス南西部は今までもずっと行きたかったのですが
ワイン通のすごいセレブとかオタクの人が来てたらどうしよう!って
かなり不安でした。
実際はそうでもなかったので(!?失礼)
ほんとに楽しめました、運が良かったかな。
スイーツおっけー、ひとり宴会もオッケー、
そちらの旅レポも楽しみにしてるからね。
by okira935 | 2016-06-25 21:33 | バスクからボルドーへ | Comments(4)