6 ー① オンダリビアを出発

パラドールの朝

d0284727_16502322.jpg

前回も同じような写真を出しているけど
撮っている方向が違うんです、念のため。

部屋の窓から見た眺め

d0284727_16505451.jpg

朝ごはん
雰囲気もいいし、ちゃんとオムレツも焼いてくれるし
係のおばちゃんも感じいいし、
ほんとにここで夕食を出してくれてもいいのにな~。

d0284727_16534063.jpg

前日にパティオ側から窓越しに撮った写真。
ちょっとデジャブっぽくて面白いので載せます。

d0284727_17462420.jpg


スペイン各地に90以上あるというパラドールの歴史は
1928年に国王アルフォンソ13世が自分の山荘を開放したことから始まり、
歴史的な建築物以外にも文化遺産や自然景観と調和するように建てられたものなど
スペイン旅行の楽しみの一つにもなっていると言う。
近代的で快適なホテルも良いけど私はこういうところがとても好き。

ここは要塞として造られたためか
表側の石壁にはたくさんの砲弾のあとが残っている。
そしてその壁の厚さときたら!
(写真左下↓)

d0284727_16530672.jpg

会議室(?)らしかったが、入ってもいいと書かれていたら
そりゃもちろん入るでしょ。

d0284727_16522899.jpg


名残はつきないが次の目的地はサン・テミリオン。
またまた国境を越えてフランスに入ります。
南西部のアキテーヌ地方を北上してまず向かったのは
シャトー・スータールというワイナリー。
次回に続く。







[PR]
by okira935 | 2016-06-23 17:51 | 北スペイン・バスク地方 | Comments(0)