ブリュッセル 2

グランプラス

グランプラスは日中でもやはり美しかった。
それぞれの建物の細かい装飾や紋章細工のなんと見事なこと。

ギルドハウス

d0284727_12580151.jpg


ギルドとは中・近世に結成された同業者組合のこと。
建物左、黄金のフェニックスを頂くのは射手、
地球儀の装飾を持つのは家具、樽職人、
右の建物は油商の守護神、サン、ジルの立像が飾られている。
現在はもちろん組合は解体されているので、レストランや銀行やお店として
すばらしい装飾はそのままに使われています。

バラという軒名のこのハウスには
ラ・ローズ・ブランシェというベルギー料理のお店がある。
グランプラスを眺めながらのお食事はさぞ素敵でしょうね!


d0284727_20110417.jpg


ベルギービール醸造博物館 (軒名は黄金の木)↓
バラのお隣。
かつてはビール醸造者のギルドが使用していたが現在は博物館。
見学の後はもちろんビールの試飲ができるそうです068.gif
ドアの上の彫刻が素晴らしい。

d0284727_20094356.jpg


↓こちらは神聖な存在である白鳥の紋章、昔は精肉店。
中にあるブラッスリー、
ラ・メゾン・デュ・シーニュは正統派フレンチのお店とか。

d0284727_20100456.jpg


d0284727_13340346.jpg


ブラバン公の館

↓正面二階部分に歴代のブラバン公爵19人の胸像が並んでいます。
でも実際には公爵が住んだわけではなく、
7つのギルドが使用していたとのこと、ここも金ピカ。

d0284727_20103060.jpg


d0284727_13481223.jpg


右はじにかすっているのはパン職人の守護神、サン・オペール司教↓
朝なのでカフェはまだ準備中です。

d0284727_13585440.jpg


↓このゴージャスな看板は
ブラバン公爵の館右側の半地下にある、ケルデルクというレストラン。
16世紀には地下蔵だったのがその後カフェや刑務所にもなったという経歴を持つお店。
1978年からは現在のレストランだそうです。
(日本語メニューもあるとか)
入ってみたいところだらけ!

d0284727_13382261.jpg


↓左上はゴディバの本店。
右下はベルギー王室御用達のマーク。
ベルギーはワッフルやチョコレートだけではなくてダイヤモンドも有名。
ここは王室御用達宝石専門店らしい。 
(残念ながら私はウィンドーをチラ見しただけ・・)

d0284727_14425701.jpg


悲しいかな、この日は朝から何かのイベント工事中で
広場の中には入れません。
でも前日にはなかった花やさんが出ていたり、
ぐるりを歩くだけでもかなり堪能できた。
やっぱりすてきなグランプラス。
半日居てもきっと飽きないと思う。
どれもこれも素晴らしい!















[PR]
by okira935 | 2015-10-29 20:46 | オランダ・ベルギー | Comments(0)