虎ノ門ヒルズでランチ

4月某日、初めての虎ノ門ヒルズ。
なるほど、こんなすごいビルが新しく出来てたんだ~!
と言っても開業は2014年6月、約3年前。
地上52階、地下5階、高さ247m、ひぇ~。

d0284727_17040532.jpg


d0284727_17041953.jpg



d0284727_17050877.jpg

なかなかモダンな造りです。
どらえもんじゃなくてトラのもんが迎えてくれるところがグー。


糖朝

d0284727_17042977.jpg

せっかくなのでコースランチを頼んだが
これで2160円ならお値打ち。
お粥か麺を選べるのだが全員お粥をチョイス。
デザートはちょっとした追加料金で(いくらだったか忘れました)
ここのお店のウリ、マンゴープリン(美味しい)に変更できます。
ただし居心地よすぎて話が弾み過ぎてつい長居してしまい
満席なのに気づかずに支配人みたいな人に
「そろそろお会計を# ゚Д゚!」と言われてしまった。
コーヒーも追加して2600円のお支払いだったけど、、あちゃ~。


全員と言うのは4名で旅好きのお仲間ばかり。
今回の会合を設定してくれたFさんは一番の若手で
ちょっと間違えれば娘かという年代なのにおばちゃんケアがほんとに上手。

8年ぶりにお会いしたIちゃんママさん、
4年ぶりくらいのWこさん、
それぞれお元気で何よりでした!
(Wさんは怪我明けながら無事復帰)

d0284727_17044148.jpg

思いがけない再会と出会いの半日で
Fさんのキャリーバッグからはドラえもんのポケットみたいに
味噌煮込みうどんやらゼリーやらぬいぐるみやらが
次々に出て来るので笑えた。

みなさん有難うございました!





[PR]
# by okira935 | 2017-04-17 17:41 | 東京ウォーク | Comments(9)

カメラ点検

久しぶりに暖かな日になったので
気晴らしを兼ねて新宿のニコンセンターに行って来た。
愛用の一眼にちょっとした不具合を感じていたので
とりあえず診てもらおうというわけ。
サービスセンターはこのビルの28階にあります。

d0284727_16443013.jpg


新宿西口あたりを上から撮る(コンデジ)

d0284727_16422674.jpg



d0284727_16412802.jpg



d0284727_16414007.jpg

ニコンセンターの方はとても親切な対応で
でっかい望遠を抱えたいかにもそれらしいおじちゃんもいたので
ちょっとビビり気味の私も安心しました。

d0284727_16431493.jpg

中には写真サロンもある。
結果:カメラには異常なし。
センサーのお掃除もしてもらったので
ミラーレス欲しいな~とは思うけど
まだまだこやつに活躍してもらう事にする。
一緒に持って行ったダイヤルがくるくる回って安定しないコンデジは
部品交換の諸費用一万円以上というのでお釈迦決定~。

d0284727_17241198.jpg

ま、モトは取っているはず。
d0284727_17242624.jpg


飲まず食わずの半日だったが
小田急のポイントで夕食用にお弁当を買って帰宅。

d0284727_16425457.jpg
d0284727_16430479.jpg


そういえば都内に出たのは一か月ぶりだった。
疲れたけど、たまには都会の空気も吸わないといかん!









[PR]
# by okira935 | 2017-03-30 19:19 | 東京ウォーク | Comments(0)

荒木町で喰らふ

2月某日、
酒飲みの聖地とも言われる四谷三丁目、荒木町にて
楽しい会食のひと時を過ごさせていただきました。
畏れ多くも全ゴチになるという有難き幸せ! (^^♪
場所はこちら。

の弥七

d0284727_21123405.jpg
こじんまりとしてすっきりした店内。
訪れた人は誰もが思うようだが、
え、ここって中華?という和のたたずまい。
丁寧な接客と美味しい和風中華の実力がウリです。
この日いただいたものはこれ。

d0284727_21125955.jpg

夜はおまかせコースのみ(9000円・12000円・15000円)だが
最初に出てくるのが何と三段重。
全体像を撮り忘れた。(あれだけリサーチしたのに!)
三段の中味写真は↑ですが
お重の蓋を開ける時のワクワク感が楽しい。
あっという間に美味しくいただいてしまった。

この時点で夫と私はビールと白ワインをぐび。
ご一緒した御大は麦焼酎をぐびぐび。
次の品、ぼたんエビと毛ガニの下にさりげなくウニが隠れていた。
ゴージャス三点盛り。
大好き~ウニ、ウニ♬
お代わり~と叫んだが無視されました。

d0284727_21132127.jpg

次はなんと鍋。
スープは白湯、具は上品に巻かれた白菜と青味、
お魚はクエがどっさり。
もちろんお約束で夫は「喰え!」
ひとりで勝手に騒いでいておくれ。

d0284727_21130977.jpg

スープが美味しくて私はおしまいに鍋ごと飲みそうになった。
もちろん唇をやけどしちゃうから止めたけど
ストローで飲め!とかって、
ほんとに上品さのかけらもなくてすみません。
ラー油ベースの薬味がベストマッチ。

他のお客さんの鍋をチラ見したところ
コースのお値段によって具材が違うようだ。
どうやら我々のはちょっとお高いコースみたい(?)
赤ワインも入って飲むわ食べるわ!

d0284727_21582664.jpg

豚肉は思ったよりあっさりしていて無理なく食べれた。
春巻きはさくっさくで中には大きな海老。
ご飯(スープとお漬物付)は蟹!という贅沢さだったのだが
さらに麻婆豆腐を追加注文するという暴挙に出た我々。
というのは事前調査で麻婆ごはんがとても美味しそうだったので
私はそれを楽しみにしていたのです。
もちろん蟹ごはんも美味しく完食。

このお店はこんなふうにご飯が出て来る。
(写真を撮り忘れたのでよそから拝借)
あつあつご飯に麻婆をかけてハフハフ、至福の極み。
薬味の白髪ねぎを乗せるのを忘れずに!

d0284727_21584065.jpg

デザートはさっぱりとした杏仁豆腐と
暖かい桃饅頭(カスタード餡)

d0284727_21591020.jpg

なぜかお隣からお饅頭が来たので
あれ?と思いながらしっかり二つ食べちゃった。
(注:ふだん家ではこんなに食べません)

満腹満足。


ちなみに常連さんはみんな知っているとのことだが
このお店のオーナーシェフは有名店「桃の木」の出身とのこと。
生まれの高知ではご実家が「風車」という中華店をやっていて
それでこのお店の名前が「の弥七」?
ほんまかいな。

d0284727_16025606.jpg

人生楽ありゃ苦もあるさ~~♪

さて、この日ご一緒したのはなんと
兼高かおる(古い!)も真っ青という旅行界の巨匠、および
食いしん坊界の重鎮、知る人ぞ知るあのY子女史。
昨年5月のバスク旅行以来の再会だったが
私はずっとパクパクを見ているので久しぶりという気もせず
夫と三人大いに食べて飲んで楽しくお話させていただいた。

ゴチになったから誉めるわけではないが
女史はかつてのご自身の仕事や
世界中の旅で身に着けた知識経験は言うに及ばず
読書量や観劇回数もハンパなし、
音楽、美術、芸能、文学、スポーツと守備範囲が広い上に
独自の見識をお持ちなのでとても面白いのです。
その上気さくでお茶目。
私が好きなのは夢子倶楽部パクパクの後の「今週の振り返り」
いわばうんちくコラムで
胃も丈夫だけどアタマも丈夫なのでためになる。
小学生の時に「手酌の似合う女になりたい」と思ったそうで
それだけでもただものではないが
食べることも出かけることも普通の人の300人分くらいを
一人でやっちゃってるY子女史。
どうぞお体に気を付けて
これからもシモジモを楽しませて下さいまし。

ついでながらお土産もありがとうございました、
またね~。

d0284727_17251584.jpg























[PR]
# by okira935 | 2017-03-04 17:15 | 食べある記 | Comments(9)

メルボルン3泊5日 ⑨

たった3泊でここまで引っ張って来たメルボルン旅行記も
いよいよ最終回。
読んで下さった方、お世話になった方々、有難うございました。

この街で面白かったもの
・裏通り(路地)

d0284727_19424954.jpg


d0284727_19422095.jpg

もっと歩きまわりたかったけど
時間と体力の両方が無理だった。
「旅の恥は掻き捨て」を実践するわれらバカ夫婦。

d0284727_20222672.jpg

前述したように翌朝は3時起き。
寝たような寝なかったような・・
まずはカンタス航空でメルボルンからシドニーへ。
朝食を機内でざっといただいたが写真は割愛。

シドニーから成田へのJAL便は次にいつ乗れるかわからないので
チェックも兼ねていろいろと試してみました。

ビジネス機内食
(私は洋食、夫は和食を選んでみた)
かなり満足。
チーズプレートまで頼んじゃったりして。
2食目は二人とも同じミラノ風海鮮リゾットを食べたが
これがなかなかの味わい。
(注:夫は途中でミートソーススパゲティも食べている!)

d0284727_19540260.jpg



d0284727_19541398.jpg

この日はほぼ一日機内にいたわけだが
昼のフライトは外の景色が良く見えてなかなかオツ。
「ブリジット・ジョーンズの日記・ダメな私の最後のモテ期」を見て
かなり面白かった。
レニー・ゼルウィガーってすごく楽しい女優さん。
今までシカゴでしか記憶がなかったけど。

d0284727_19533874.jpg


d0284727_19535230.jpg
追記
アシスタントさんが話していて面白かったこと。

コネタその①
カンタス航空は女性CAさんが不愛想、平均年齢が高い、などなど
どうも世界的に評判が悪いらしい。(たしかに)
のせいかどうかはわからないが、、
カンタスは公募でゲイの方を採用しているとのこと。
なぜならゲイの方は神経がこまやかでサービス業に適している!?
実際乗った便には男性のスチュアートさんがいて
スキンヘッドの優しそうなその方が全部サービスしてくれたのだが
仕事は丁寧、アナウンスなども全部自分でやってる、なかなかの仕事ぶりだった。
 カンタスの男性CAをみたらゲイと思え。

これはけして差別的発言ではなく
オーストラリアではそういう方の人権がとても認められているようです。
すごいことにメルボルンの空港では男性用、女性用の他に
ユニセックス用のトイレがあった!


コネタその②
帰りにアシストしてくれた韓国人リーさんの話。
韓国の方は普通に気軽に整形をすることが多い。
なので空港のセキリュテイチェックの顔認証システムで
引っかかる人が多いんだとか。
パスポートの顔と違うよ、ブブ~となっちゃうらしい。
そのためか整形医が元の顔写真を付した医療証明書のようなものを
ちゃんと発行しているんだそうだ。

なんともコメントしにくいけど
笑っちゃう話だった。
旅は楽しい♬
さて、
最終写真はこれ!!

d0284727_19532882.jpg


帰りのシドニー→成田便は
乗りたかった ジェット・ケイ 。

もうるんるんでございました。
申し分なし。
あ~良かった。

めでたし!







[PR]
# by okira935 | 2017-02-11 11:11 | 豪GOオーストラリア | Comments(4)

メルボルン3泊5日 ⑧

メルボルンはエコノミスト誌の調査で
5年連続「世界でもっとも暮らしやすい都市」に選ばれている。
実際に住んでみればいろいろな不都合はあるとは思うけど
都会+のどかな雰囲気のとてもきれいな街。
こんなおしゃれなアーケードもあるんです。

ブロックアーケード

d0284727_19564409.jpg

一番人気の有名店はここ。
ホープタウン・ティールームズ

d0284727_19571844.jpg


d0284727_15462673.jpg

1892年から創業当時のままという
ビクトリア朝内装の店内でお茶したかったけど行列してた。
ウィンドーの老夫婦人形に挨拶していったん通り過ぎます。
このアーケードは1891年~1893年に建てられたもので
ミラノのエマヌエーレ2世のガッレリアを模したものだとか。

d0284727_17262144.jpg


d0284727_17263690.jpg


d0284727_17265445.jpg

写真右下、老舗チョコレート店ヘーグズ。
高かったけど味見させてくれたチョコが美味しかったので
ついついお買い上げ。

ロイヤルアーケード

d0284727_15483843.jpg

こちらもすてきな1870年開業のアーケード。
伝統的英雄のゴッグ(Gog)とマゴッグ(Magog)の大時計が目を引きます。
どんな英雄なのかは知らないが
なんだか愛嬌のある(?)おじちゃんたち。

d0284727_15471158.jpg



d0284727_17474279.jpg



d0284727_15480767.jpg

↑の写真の逆方向↓
何度も行ったり来たりしてたので
マカロンのおねえさんにじろじろ見られてしまいました。

d0284727_16292656.jpg


歩き回った後、帰り際に最初のティールームにまた寄ったところ
ケーキのテイクアウトは出来るけど
入店はもうだめと言われてしまった、残念!
(後でガイドブックを見たら17:00閉店)

なので別なお店を探してまたうろうろ。
美味しいコーヒーを飲みたかったのだが
結局ケーキも食べてしまった、ゲプ。

d0284727_17480250.jpg


ブロックアーケードは実は宿泊ホテルのすぐ隣なので
いつでも行けるからいいやと思っていたら
ここは18:00で出入り口が閉まってしまいます。
外はまだ日暮れてもいないのに。

オーストラリアの人は勤労意欲がないのかと思ったら
そういうことでもないらしい。
この国の一時間の最低賃金は安くても2000円くらいとか。
なのでみなさんかなり安定した収入を得ているもよう。
(私が昔、某スケートセンターで主婦バイトしてた時は時給800円だった)


もちろんレストランやそれなりのお店は夜遅くでもやっているけど
トラムの中で漏れ聞いた話では、
今日はニシコリにさくっと勝って欲しい、
彼の試合が長引くとなかなか店仕舞い出来なくて帰れないから・・
ですってさ。

帰りたくないけど
明日はもう帰らなくてはならない私たち、あ~~。








[PR]
# by okira935 | 2017-02-08 21:21 | 豪GOオーストラリア | Comments(4)